The Sandboxで稼ぐ5つの方法を徹底解説

The Sandboxで稼ぐ5つの方法を徹底解説
URLをコピーする
URLをコピーしました!

遊んで稼げるNFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)として大注目されているThe Sandbox。

本記事ではThe Sandboxで稼ぐ下記の5つの方法を徹底解説していきます。

  • ゲームをプレイして稼ぐ
  • LAND地主になって稼ぐ
  • アセットを作成して稼ぐ
  • ゲームを作成して稼ぐ
  • SANDをステーキングして稼ぐ

The Sandboxは本格リリースは行われていませんが、稼ぐチャンスはあります。

特にThe Sandboxを始めNFTゲームは先行者が強い傾向にあるので、今のうちに稼ぐ準備をしておくのはおすすめです

現在できるThe Sandboxで稼ぐ方法を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

The Sandboxで稼ぐための事前準備

The Sandboxで稼ぐには以下の事前準備が必要になります。

  • 仮想通貨口座
  • パソコン
  • ウォレット
  • The Sandboxアカウント作成

仮想通貨口座

The Sandboxで稼いだお金はSANDという仮想通貨でもらうことになります。仮想通貨を日本円に換金するには仮想通貨口座が必須です

仮想通貨口座を開いていない方は、いますぐやっておいたほうがいいです。仮想通貨は少し慣れが必要なので、今のうちに触っておいたほうがいいです

おすすめの仮想通貨取引所の口座は手数料が安いGMOコインです。仮想通貨取引所はどこも変わらないと思っている方はいますが、実は手数料が全然違い気づかず損していることは多いです

詳しくは【損しない】おすすめ仮想通貨取引所と使い方に書いています。

また余裕があれば、海外の仮想通貨取引所のであるバイナンスの口座も開いておきましょう。理由はThe Sandboxで使われる仮想通貨SANDは、日本で買うことができないからです。

口座開設方法はバイナンス口座開設方法を解説【取引手数料10%OFFにもなる】で確認ください。

パソコン

The Sandboxは、現在パソコンのみできるゲームになっています。OSは、Windows、Macのどちらでも対応しています。

2022年後半にモバイル版が予定されていますが、The Sandboxで稼ぎたいと思っているならパソコンはあったほうがいいでしょう。

必要なパソコンのスペックはThe Sandboxで稼ぎたい方法によって変わります。

The Sandbox内でゲームを作成したいのであれば、推奨スペックは以下になります。

64ビットプロセッサーとオペレーティングシステム
OS:Windows 10
プロセッサー:クアッドコア 3GHz
メモリ:8 GB RAM
グラフィックス:2GB VRAM
DirectX:バージョン 11
ストレージ:2GBの空き容量

ウォレット

The Sandboxは仮想通貨やNFTをやり取りするためにウォレット(財布)が必要になります。

ウォレットはいろんなものがありますが、The Sandboxであればメタマスクがおすすめです。

メタマスクがない方は【初心者】メタマスクの使い方 登録方法を徹底解説を参考にしてください。

The Sandboxアカウント作成

The Sandboxで稼ぐにはアカウントが必要です。アカウント作成は、公式サイトからすぐできるので、まだの方はやっておきましょう

>>The Sandboxの公式サイトはこちら

またアカウント作成する場合は、以下の流れでメタマスクを選択するのがおすすめです。

TheSandbox サインイン
the Sandbox メタマスク登録

ゲームをプレイして稼ぐ

The Sandbox内のゲームをプレイして稼ぐ方法があります。

ゲームのミッションを攻略することによって仮想通貨であるSANDがもらうことができます。またゲーム実況をして投げ銭でSANDをもらって稼ぐという方法もあります。

The Sandboxはリリース前なので、ゲームをすることができませんが、「アルファ版」で一定期間できることがあります。

「アルファ版」は2021/11/29~12/20と2022/3/4~3/31の2回すでに開催されております。

アルファ版に参加して、ゲームを攻略すると1000SAND(約35万円)与えられました。日本在住メンバーは、アマテラスNFTをプレゼントされました

ちなみに私もゲームを攻略してアマテラスNFTをゲットしました。

「アルファ版」は今後も開催されると思うので、The Sandbox公式twitterで情報をチェックしておくのがおすすめです。

LAND地主になって稼ぐ

The Sandbox内で販売されているLAND(土地)の地主になって稼ぐ方法があります。

The Sandboxには166,464区画を上限としたLANDがあります。

LANDの地主になれば主に以下のことで稼ぐことができます。

the Sandbox land 稼ぐ方法
  • コンテストやイベントの開催
  • アセットや体験の収益化
  • 自身や他の人が制作したゲームをプレイ
  • メタバース・ガバナンスで投票
  • SANDをステークしてアセットの獲得とカスタマイズ

やり方次第では大きく稼ぐことができるので、スクウェア・エニックス、エイベックスなど大企業も参入してLANDを購入しています。

現在1LAND当たり100万円以上を超えるので、高額でリスクはありますが、LAND地主になって稼ぐことをトライしてみるのもありでしょう。

ちなみにThe SandboxのLANDはNFT最大のマーケットプレイスOpenSeaやCoincheck NFTで購入することができます。

またLANDの限定セールは度々行っているので、The Sandbox公式twitterで情報をチェックしておくのはおすすめです。

アセットを作成して稼ぐ

voxedit

アバター、武器、武器などアセットを作成してNFTマーケットプレイスで販売して稼ぐ方法があります。

The Sandboxが公式で無料提供しているツール「VoxEdit」でアセットは作成することができます。

NFTマーケットプレイスの販売は、The Sandboxが選んだクリエイターのみしか販売できません。

しかし、今後誰でも販売できるのは間違いないので、今からVoxEditでアセットを制作しておくのはいいでしょう。

特に何か創るのが好きなクリエイターの方には稼ぐチャンスは大いにあるでしょう。

すでにTwitter内では、VoxEditでアセットを作成して発表している方はいますよ。

ゲームを作成して稼ぐ

the sandbox gamemaker

The Sandbox内にゲームを作成して稼ぐという方法があります。

The Sandboxは、「Game Maker」というゲーム作成ツールを無料で提供しています

地主からLANDをレンタルしてゲームを作成して、参加料を稼ぐという方法などあります。または、地主から受託してLAND内でゲームを作成するというのも考えられます。

The Sandboxの本質はゲームなので、面白いゲームが作成出来る人には、稼ぐチャンスはいくらでもあるでしょう。

SANDをステーキングして稼ぐ

The Sandbox SAND ステーキング

The Sandboxの仮想通貨であるSANDをステーキングして稼ぐ方法があります。

ステーキングとは一定期間仮想通貨を保有することで利息がもらえる仕組みです。銀行に金利に近い仕組みです。

ただ銀行の金利と比べるとステーキングのほうが圧倒的に高いです。年利10%から30%とかもあります。

ただし当然リスクもあって、ステーキングしている間に仮想通貨の価格が下がることも当然あります。なので、銀行の金利をもらうよりはリスクは大きいことは認識しておいたほうがいいでしょう。

SANDをステーキングするには、海外の仮想通貨取引所であるバイナンスで行うことができます。

なので、SANDのステーキングをしたいならバイナンス口座開設方法を解説【取引手数料10%OFFにもなる】を参考にしてください。

今のうちに準備しておこう

The Sandboxはまだ本格的にリリースされていないため稼ぐためにわからないこともあります。

しかし、稼ぐための情報も出てきているので、先行者利益を獲得するためにも今のうちに準備しておくのはおすすめです

私も前もって準備しておいたおかげで、The Sandboxの限定NFTをゲットすることができましたよ。

>>The Sandboxの公式サイトはこちら

The Sandboxで稼ぐ5つの方法を徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる