OpenSeaでNFT作品の買い方を詳しく解説

OpenSeaでNFT作品の買い方
URLをコピーする
URLをコピーしました!

世界最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSea(オープンシー)。

本記事では、OpenSeaでNFT作品の買い方を詳しく解説します。

目次

OpenSeaに登録する

OpenSeaでNFTを買うには登録が必要です。

登録をしてない方は、OpenSeaの使い方 登録方法を画像付きで徹底解説を参考にしてください。

NFT作品の探し方

OpenSeaを登録したら買うNFT作品を探していきます。

NFT作品の探し方は主に2つあります。

  1. 検索する
  2. twitterで探す

検索する

NFT作品のポピュラーな探し方は、OpenSeaで検索することです。

OpenSeaの公式サイトへアクセスします。

そして「Explore」をクリックすると左側にフィルター検索できます。

価格、カテゴリー、使える暗号資産(仮想通貨)など自由に選択できます。自分が払える価格帯や使える暗号資産(仮想通貨)、好きなジャンルなどをフィルター検索してみましょう。色々あって面白いですよ。

OpenSeaでNFTの買い方1

twitterで探す

NFTの作品をtwitterで探すのもいいです。

twitterでNFTと検索すれば、OpenSeaにNFT作品の出品しているクリエイターはたくさんいます。

いいと思ったものは、買ってみるとクリエイターとのコミュニケーションができますし、楽しみが広がるでしょう。

ただ、twitterは玉石混交なので、すぐ買うというより、いろんなものを見て、情報収集してからでいいでしょう。

使われる暗号資産(仮想通貨)

OpenSeaでNFT作品を買うには暗号資産(仮想通貨)が必要です。

使われる暗号資産(仮想通貨)は、主に以下の3つです。

  1. ETH(イーサリアム)
  2. WETH(ラップされたイーサリアム)
  3. ETH On Polygon(ポリゴン)

ETH(イーサリアム)

OpenSeaでNFTの買い方2

OpenSeaでNFT作品を買うならETH(黒色)が圧倒的に使われています。

なので、ETHを用意しておくのがいいでしょう。

ただ、ETHでNFT作品を買うとガス代といって手数料が数千円かかります。

WETH(ラップされたイーサリアム)

OpenSeaでNFTの買い方3

WETH(赤色)とは、ERC20規格になるようにラップしたイーサリアムです。

他の通貨に交換しやすくなったイーサリアムといったところです。

OpenSeaでは、オファーやオークションで使われることが多いです。

ETH On Polygon(ポリゴン)

OpenSeaでNFTの買い方4

ETH On Polygon(紫色)は、イーサリアムでかかる手数料問題を解決するために作られた暗号資産(仮想通貨)です。

なので、イーサリアムと違って、NFT作品を買ってもガス代いわゆる手数料が安いです。

ただ、ETH On Polygonで買えるNFT作品は少ないです。

買い方の種類

OpenSeaでNFT作品の買い方は3種類あります。

  1. Buy now
  2. Place bit
  3. Make offer

Buy now

OpenSeaでNFTの買い方5
「Buy now」は、表記されている価格でNFT作品をすぐ手に入れることができる買い方です。

一番わかりやすく簡単なので、初心者の方には、「Buy now」の買い方をおすすめします。

Place bit

OpenSeaでNFTの買い方6

「Place bit」は、オークションでNFT作品を手に入れることができる買い方です。

オークションで使う暗号資産(仮想通貨)は、WETHになるので注意しましょう。

Make offer

OpenSeaでNFTの買い方7

「Make offer」は、オファーして価格を交渉してNFT作品を手に入れることができる買い方です。

欲しい価格でNFT作品を手に入れたいならトライしてみるのはいいでしょう。

OpenSeaでNFT作品の買い方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア頂けると嬉しいです!よろしくお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる